会社概要

代表者挨拶

会社方針

中越鉄工株式会社 代表取締役
西村 仁

弊社は昭和38年の創業以来、より良い製品を作り出すことを心がけるとともに、工場の拡充と設備の合理化に努め、常に時代の変化に対応 できる組織作りを続けています。 現在ではあらゆるニーズに対応し、お客様の要望に応えられるよう、創業時の鉄骨部門に加えて、建築部門と橋梁部門の3部門にて事業を 進めております。 特に事業の中心となる鋼構造物の溶接技術向上を図るため、全国溶接技術コンクールなどへ積極的に参加し、技能者の人材育成を重点 的に行っております。これまでにも富山県内の優勝者のみが参加できる全国大会に多数輩出し、鋼構造物の製作に関する品質の良さが評価されており、お客様から高い信頼を頂いております。 今後は多様化していくニーズに対応できるよう、更なる技術の向上を目指し”良い仕事をしてお客様の信頼を得る”という品質方針の下、より一層の技術力・企画力・提案力の向上を重ね信頼に応えていきます。

 

会社方針

経営理念

人々が生活する中で、人々が必要とする建設業に携わることに誇りを持ち、
技術力とサービス向上に努め、結果として社会に貢献し、楽しく豊かな生活を送る。

品質方針

良い仕事をしてお客様の信頼を得る。

行動方針

積極的に誠意を持ってねばり強く。

会社概要

社名 中越鉄工株式会社
設立 1963年5月
資本金 4,500万円
代表者名 代表取締役 西村 仁
所在地 富山県南砺市和泉120番地
事業内容 建築鉄骨一般・橋梁・製缶・建築金物
各種鋼材販売・建築工事一式・土木関連工事
従業員数 71名(2021年8月)
許可

免許
設計事務所:中越鉄工株式会社一級建築士事務所 富山県知事登録(9)第398号
鉄骨制作 :国土交通省 大臣登録鋼構造物製作認定工場 TFB H-120270(Hグレード)
建設業  :富山県知事許可(特-28)第16062号
品質保証 :ISO9001登録 ICJ10113
技術
提携
JFEシビル㈱ メタルビル施工店・イージースラブ協会員
工場
規模
敷地面積  :29,600㎡(約8,970坪)
建築物延面積:8,532㎡(約2,585坪)
取引
会社
国土交通省・中日本高速道路㈱・富山県・石川県・南砺市
川田工業㈱・㈱浅沼組・㈱守谷商会・大鉄工業㈱
阪和興業㈱・㈱タカギセイコー 等(順不同) 
関連
会社
チューモク㈱

会社沿革

1963年
5月
チューモク株式会社(旧 中越木材株式会社)鉄工部より分離
富山県福光町(現 南砺市)田中地内に創立 資本金1,500万円
1970年
7月
工場設備拡充及び建築物整備に伴い増資
資本金2,250万円(第一工場新築)
1972年
9月
業務拡張に伴い本社を福光町(現 南砺市)和泉120番地に移転
(第二工場新築)
1974年
4月
増資 資本金3,000万円
1977年
1月
建築省告示第1308号による溶接継ぎ目強度を母材と強度にできるための鉄骨加工業者認定を受ける
1981年
4月
社団法人全国鉄構工業連合会の構造物製作認定工場となる(Hグレード)
1982年
4月
工場増築及び鉄骨加工機械親切に伴い増資 資本金4,500万円
1983年
2月
代表取締役に武田 清彦就任
1995年
4月
新工場完成し稼働する(4,028㎡)
2000年
2月
代表取締役に西村 仁就任
2000年
12月
ISO9001:1994 認証取得(鋼製橋梁・建築鉄骨・建築物)
2002年
7月
金沢営業所 開設
2003年
2月
ISO9001:2000 認証取得(鋼製橋梁・建築鉄骨・建築物)
2003年
5月
創立40周年を迎える
2010年
6月
ISO9001:2008 認証取得(鋼製橋梁・建築鉄骨・建築物)
2013年
5月
創立50周年を迎える

設備機械(抜粋)

切断機器 アマダ:H-650HD W650xH400・HK1000NC W1000xH750
孔明機械 アマダ:6BH-1000Ⅲ
タケダ:CBF4020W
切削加工機器 シンクス:VXW-2000-5・MHV-1050NAC
超音波
探傷機
GEインスペクション・テクノロジース・ジャパン㈱:USM35X
サムスチール
チェッカー
立花エレテック:D2000型
測量機器 溶接管理モニター
溶接
ロボット
ARDMAN-MP IR700MA
運搬機器 建屋内走行クレーン2.8t~15t
屋外門型クレーン10t

資格者(抜粋)

建築士 1級:1名
2級:5名
建築施工
管理技士
1級:3名
2級:3名
土木施工
管理技士
1級:6名
2級:7名
鉄工技能士 1級:2名
溶接管理技術者 1級:4名
2級:6名
鉄骨製作
管理技術者
1級:11名
建築鉄骨
製品検査技術者
4名
溶接作業指導者 2名
非破壊試験
技術者
レベル2:1名
レベル1:4名
AW検定
資格取得者
7名